【相談できない】高卒就職失敗の僕が相談をおすすめする3つ理由

consultation-recommended-3reasons
この記事で解決できる悩み
  • 高校卒業後は働きたいと思っている
  • 高卒での就職ってなんか不安だな
  • 親とか友達に相談するのは恥ずかしい
  • 他に相談できる相手もいないし
  • そもそも何を相談していいかもわからない
 のアイコン画像 

こんにちは、けんたろうです。
今回は上記のようなお悩みを解決できる記事を書きました。
実際に僕は初めての就職で失敗を経験しています。
今思うことは、相談しなかったことをとても後悔しています。

前半では『就職相談をおすすめする理由』を解説し、 後半では『相談でするべき質問』を紹介していきます!

目次

高卒就職を失敗した僕が就職相談をおすすめする3つ理由
【僕は2日で退職しました】

「なぜ相談した方がいいの?」

おすすめする理由は下記の3つです。

相談をおすすめする3つの理由

相談をおすすめする3つの理由
  • 高校生が100%理解して仕事を状態で選ぶことができない
  • 失敗から学べる
  • 知らないことを知ることができる

なぜなら私は誰にも相談せずに決めてしまい失敗。

わずか入社2日で会社を退職しました。

なぜ2日で退職したのか詳しことは僕のプロフィールに書いています。
気になった方がこちらからどうぞ。
→プロフィール

 のアイコン画像 

『失敗から学ぶとか何か難しそうだな~』

安心してください!

 のアイコン画像 

・あーそんなことがあるんだ
・それってかなりブラックだな
・そんな会社では働きたくないなー

みたいに気軽に聞いておくだけでOKです。

いろいろと失敗した経験を聞くことでこれから仕事を選んでいくときに役に立つ情報を知ることができますよ。

そもそも就職相談できる人がいない

 のアイコン画像 

「そもそも相談できる人がいないです・・・」

相談相手がいなくても全然大丈夫です。

なぜなら今はインターネットを通して気軽に相談することができます。

とは言っても

 のアイコン画像 

・SNSでの相談ってなんか怪しいな~
・そもそも知らない人にいきなり悩み相談ってめんどくさい

TwitterのようなSNSって怪しい人も多いし特定される危険性もあるので僕もおすすめはしません。

Yahoo!知恵袋は名前を公開しないで質問でるサービスもあります。

心ない声も届いてしまうので、下記の僕の無料コミニティーかtwitteで

心ない声も届いてしまうので、このブログの無料コミニティーか僕のtwitterあるので是非そちらでも相談を投げかけてみてくださいね。
>slack無料コミニティー登録

そもそも、なんで相談しなくちゃいけないの?

次に具体的に解説していきます。

就職相談の相手を間違えると失敗します

もちろん学校の先生も就職指導で説明をしてくれるとは思います。

ですが先生も勉強を教えながら会社の情報を細かく調べる時間を持つのは厳しいです。

先生もできることならいろいろな会社の情報を細かく調べて生徒一人一人に丁寧に説明したいと思うのですが、やることが多い先生は実際に難しいと思います。

そもそも先生自身もほんとうにあなたに向いている仕事かなんてわからないですよね。

これからの人生の大半を過ごす仕事を先生に任せるのはリスクが大きいです。

ちなみに僕の際は求人票だけを見せられて「ここなんてどう?」だけでした・・・

僕のアイコン画像

僕「いや、どうって言われても・・・」

わかるはずはないですよね。

というわけで相談する人を失敗したらきちんとした選択ができずに恐らく就職も失敗します。

じゃあいったい誰に相談すればいいのか。

具体的に解説していきます。

誰に就職の相談すればいいのか

結論はやはりインターネットがいいですね。

あなたの親が就職活動のときはインターネットで相談するとかはあまりなかったので、

『なんか怪しいからやめとけ!』って言われると思います。

けれども、やはりいろんな年齢や少し上の先輩の話とかも聞けるので積極的に活用してみてください!

次に就職相談する際のおすすめの質問を紹介していきます!

【簡単】就職相談おすすめの5つの質問

就職相談する際は是非こちらの5つの質問をしてみてください。

おすすめの5つの質問
  1. どんな仕事をしているか?
  2. 何故今の会社を選んだのか?
  3. そのやりたかったことはできているのか?
  4. 友達や知り合いに今の会社をおすすめするか?
  5. それは何故か?

特に4つ目は重要で、自分の友達や知り合いには本当にいいものを紹介したいですよね。

この質問する理由はちゃんとあって、実は裏に隠れている本音の理由を聞くことができるからなんです。

ネガティブな理由では

 のアイコン画像 

あーそういうこともあるんだ。でも自分の性格だったら絶対に挫折するなー

ポジティブな理由だったら

 のアイコン画像 

なんか楽しそうだな。自分も早く働いて!

みたいに実際に経験者のエピソードもあるので良いことも悪いことも具体的に聞くことができるからです。

実際に求人票とかって基本いい情報しか書いていないんです。

悪いこと書いたら誰も応募してこないですよね。

ちょっと話が脱線してしまいますが、入社してから『なんか書いてたことと違うな~』とかで直ぐに退職してしまう理由も実はここの原因が大きかったりします。

なので先ずは相談というか、色々な人の話を聞くことで固い言葉だと社会勉強として、簡単にいうとYouTube見てるくらいの感じで聞いておけばOKです。

とは言っても準備が大切です

というわけで『就職相談』についての解説してきました。

昔の僕は『就職=お金を稼ぐため』だけくらいにしか考えていませんでした。

たしかに間違いではないのですが初めての仕事選びはお金を稼ぐ以外にも目的をベースに考えることが大切ということ。

要するに情報や考えの準備をしていないとよく分からない会社や仕事に就くことになります。

そのため大切なのは就職活動をするための準備ですね!

ふつう学校ではここまでは教えてくれないと思うので、

この記事を読んで少しでも考えるきっかけになればと思います。

というわけで今回は以上です。


あわせて読みたい
【やりたい仕事わからない】高卒就職失敗しない選び方5つのポイントで解説
【やりたい仕事わからない】高卒就職失敗しない選び方5つのポイントで解説実際に僕はこの思考方法を取り入れたしたことで、面接の際に志望動機を聞かれても、とても具体的な説明ができるようになりました。前半では『失敗しない仕事の選び方』...
consultation-recommended-3reasons

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる